商品ラインナップ

メイウォルAA

(ケニア)

100g ¥690

メイウォルAA

酸味:4 甘味:4 苦味:4 香り:4 コク:4

ナイロビとの境に位置するマアキオウ エステート農園。標高1,950m。品種はSL28 etcです。オーガニック肥料を使用し高品質でクリーンなコーヒーに仕上がっています。コクと甘味を余韻に残す極上のケニア産をお楽しみください。

 

農園名 Maakiou Estate Farm 
農園主  
位置 Kianbu Country
標高  約1,950 M 
平均気温  
平均年間降雨量 800-1,200 mm /年 
農園面積 約137ヘクタール 
種類 SL28, Ruiru 11, Batian 
生産処理方法 ウォッシュド
Flavor Profile Floral, Strawberry, Citric lively AC, Silky MF

History & Region

Maakiou estate農園はキアンブ南部、ナイロビとの境に位置します。Maakiou estate農園は植民地時代に ギリシャ人によって設立されたルーツを持ち、現在では約180,000本のコーヒーの樹が栽培されています。 赤茶の火山性土壌で作られるコーヒーチェリーはWet millによって処理工程が施されています。また、定期的に農業技師が農園を訪れ、サスティナブルなコーヒー作りを目指し指導や管理を行っています。 

Coffee Processing System

ベストなタイミングで収穫されたコーヒーチェリーは、Wet Millへ持ち込まれ丁寧に選別されます。  チェリーは未完熟、過熟、異物へと分別され完全完熟のチェリーのみディスク型のパルパーときれいな水 によって果肉除去が行われます。パルピングされたパーチメントは、適切な発酵工程をとり、 アフリカンベッドの上で丁寧に天日乾燥を行います。乾燥工程では生乾きや、高温乾燥による損傷を回避 するため適時モニタリングを行っています。その後、ランダムにサンプルを取り水分含有量の評価を行い 安定した品質作りを行っています。

Soils and Climate

農園周辺は赤茶の肥沃な火山性土壌に覆われており、水分量と栄養分の保持能力に非常に長けています。 肥料は自社の酪農場から集められたオーガニックなものを使用し常時補充しています。オーガニック肥料 からの養分は高品質でクリーンなコーヒー作りにおいて非常に重要な支えとなるものです。適切な肥料を 使うことで、おいしいコーヒーを持続的に作ることを目標としています。 年間平均降水量は800-1,200mmとやや少なめですが、土壌の性質と周辺にある河川の影響でコーヒー栽培 に問題はありません。5月~7月の雨季には非常に気温が下がることもあります。しかし、それによってコー ヒーはゆっくりと成熟され、その結果豊かなフレーバーを持ったケニアコーヒーが作られるのです。 

Type 2 user's voice

ギル・フェイバーさん

苦みばしった芳ばしさの中に、かすかにクリーミーな風味を含んだ香り漂うコーヒー、今月の『メイウォル』です。クリーミーな甘味の奥に軽い酸味を含んだ口当たりは、まろやかさとコクと透明さが同居した味わいを醸しています。引き続きコクと苦味が前面に表れてきますが、アクや雑味が少ないため、スムーズに喉に抜けていく印象です。口の中でコーヒーを転がしてみると酸味もしっかり感じられるので、味の要素が落ちているわけではなく、それぞれの味のバランスが取れてニュートラルになっているようです。全体的には柔らかな印象を受ける味わいですが、冷めてくると味のメリハリがはっきりしますので、その変化を楽しむのも一興かと。

まめまめさん

年末といえば大掃除。浜松を代表する掃除道具の会社「アズマ工業」のお祭りに行ってきました。掃除道具が50~80%OFFとあって、時間前にも関わらず200人ぐらいの行列。憧れの「長柄手編ほうき」を1000円でゲットしたのでとっても満足。さて今月の豆「メイウォル」は袋を開けた瞬間に香りが広がる、気持ちビターな豆。香り5、苦味・コク・甘味4.5、酸味3.5といったところでしょうか 。くじ引きで当たった新製品のお風呂用タワシがお役立ち。コーナー部分がピカピカになり嬉しくて30分ぐらいゴシゴシしてました。

ご注文フォームへ

PAGE TOP