商品ラインナップ

バリ ディボン

(インドネシア)

100g ¥640

バリ ディボン

酸味:4 甘味:4 苦味:3 香り:4 コク:3

バリの主要なコーヒー産地キンタマーニ地区から少し離れた、プラガ ボン村。標高1,100~1,300m。品種はアロブです。神々の島から、天然酵母と湧き水で仕上げられたリゾート感あふれる華やかな逸品をお見逃しなく!

 

農園名  
農園主  
位置 バリ島、プラガ ボン村
標高 1,100~1,300m
平均気温  
平均年間降雨量  
農園面積  
種類 アロブ
生産処理方法 ウォッシュド 天然酵母、wet fermentation
Flavor Profile tropical fruits,citrus,clean cup,bright acidity

 

Coffee Processing System

バリの主要なコーヒー産地キンタマーニから少し離れた、プラガのボン村マイクロロットです。現地で長年コーヒーに携わってきた農家パック=スラマットが地元のフルーツなどから作った秘伝の天然酵母と、豊富に手にはいる湧水で精製。数ある品種から一つを選び、農薬がふりかからないようにみかんと農園を分けるなど環境にも配慮して栽培されており、現地でも高い評価を得ています。
 
 
 

Type 2 user's voice

ギル・フェイバーさん

ドリップ前の蒸らし中、苦みばしった芳ばしい印象の香りを放つ今月の『ディボン』。抽出されたコーヒーも深い香りを引き継いでいますが、味の方は口当たりに含まれるくっきりとした酸味がまず目を(舌を?)惹きます。ただ、酸味の角が苦味由来と思しき芳ばしい風味で中和されているのでしょうか、爽やかさを孕みつつも穏やかな口当たりとなっています。口当たりから後味にかけては、そんなに複雑に味が移ろう訳ではなく、酸味の爽やかさがそのまま素直に尾を引いてすっと消えていく印象です。風薫る新緑の5月を颯爽と過ごすため、景気付けにうってつけな味わいです。

まめまめさん

久しぶりにユニ○ロに行ってセルフレジとやらを体験してみた。並んでいるときは、「なんで1点1点バーコードを…。」と思っていたら、カゴごと一括会計。買った金額よりも、仕組みの方が気になってまじまじ見てしまった。さて今月の豆「ディボン」は、少し細かく挽いた方が酸味が引き立ち、味わい深くなる豆。酸味・コク・甘味4、香り3.5、苦味3といったところでしょうか。今後ワー○マンからケチャップも弾くポロシャツが販売されるらしい。欲しいけど汗も弾くようだったら、着にくいかもなぁ

 

ご注文フォームへ

PAGE TOP